記事一覧

害獣の被害はプロに相談

イタチ

捕獲が禁止されている

イタチが家に住み着くと、様々な被害が出てきます。糞尿による悪臭、天井などを走り回る騒音、病原菌やノミ・ダニ・ハエなどの発生など、衛生面や健康面、建物の傷みなどに影響があります。イタチは、エサとなる魚などをとるために池や水辺などに生息していましたが、最近では食べ物が豊富にある民家にも住み着くことが増えています。繁殖力が高く、警戒心も強いので、一度失敗すると駆除が難しくなります。イタチの捕獲は「鳥獣保護法」に従って行う必要があるので、自分で勝手に駆除することができません。イタチのメスは、捕獲・駆除が禁止されています。オスの場合は、自治体へ申請をし許可が下りれば可能ですが、手続き等が大変です。業者に駆除を依頼すれば、面倒な手続きも任せられます。また、オスとメスの区別は素人では難しいです。確実に駆除するためには、業者に依頼することをおすすめします。駆除方法は、捕獲と追い出しです。魚肉ソーセージや果物などのエサを仕掛けた捕獲カゴを設置し、捕獲します。イタチは強い光が苦手なので、通り道などに仕掛けておくと効果が高くなります。捕獲した後は、二度と寄せつけないようにする対策が必要です。糞や巣の撤去や清掃、消毒を徹底的に行います。糞尿の臭いは強烈なので、素人が完璧にきれいにすることは難しいです。専門業者は、しっかりと消毒と消臭を行うので安心です。再侵入されないために、侵入口を封鎖します。わずかな隙間でも潜り込むことができるので、壊された部分を補修したり、金属製のネットなどで確実に封鎖します。また、忌避剤を使用して侵入を防ぎます。イタチの習性などを熟知した、専門業者へ依頼すれば完璧に駆除できます。

Copyright© 2018 【吸血性のある害虫】自力でできる南京虫駆除の方法を知っておこう All Rights Reserved.